Tel:044-854-4311受付:9:00~17:00 休業日:土日
 


社長挨拶

--- 輝く未来のために挑戦し続けます。---
弊社で樹脂製品の試作事業をスタートしてから50年になりました。
この間に多くの経験を重ね、ノウハウを積み上げながら、日々それらを更新したり、また時には旧来のものをすべて捨て去って新しい製法へと転換したりしてきました。
時代のうねりと激流の中を何とか今日まで 続けて来れたのは、一貫して技術と信用にこだわり、大切にしてきた結果であると考えています。機械設備や情報技術関連への投資もさることながら、そこには人と人とが前向きに努力を続けるひたむきさが大きな柱として存在しています。わたしたちは新規開発に携わる、ものづくりの仕事を通して、現在から未来へと続く『あしたへの技術』を追究してまいります。    
『仕事に対するABの三原則』
・確実な仕事はよき習慣から生まれる
・能率よき仕事は創意工夫から生まれる
・よき作品は均衡の感覚から生まれる
 株式会社エービーモデル 代表取締役 田中 耕 


会社概要

名称 株式会社エービーモデル玉川工場
所在地 神奈川県川崎市宮前区梶ヶ谷1番地3号
TEL&FAX TEL:044-854-4311
FAX:044-854-4251
代表者 代表取締役 田中 耕
資本金 4,500万円
社員数 24名(ABグループ国内138名 海外500名)
取引銀行 三井住友銀行
事業内容 ・プラスチックの各種試作品の製造、販売
・機械加工部品の小ロット製造、販売
・射出成形用金型の設計、製造、販売
・射出成形による小ロット成形
製作例 各種試作品・機械加工部品・射出成形金型
 素材:樹脂、アルミ、鋼材、他
 数量:1個~100個程度まで
 内容:OA機器関連(給紙フレーム・トレー・機構部品など)
    工業用機械部品関連(ファンカバー、操作パネルなど)
    金型設計製造(プラスチック射出成形用金型)
    各種金型による成形品(~10000個程度まで)


沿革

1951年 田中彫刻所として発足
1957年 株式会社極東彫刻所と改名
1958年 樹脂による試作研究部門を新設
1962年 コールドホビング事業開設
1968年 株式会社エ-ビ-モデルとして樹脂製品開発部門を分離独立
1971年 株式会社エービーとして金型製造部門を分離独立
1978年 株式会社エービーモデル川越工場設立
株式会社極東彫刻所を株式会社エービーに改称
1979年 株式会社エービーモデル玉川工場新設
1983年 玉川工場にCNCを導入
1987年 株式会社エービーモデル川越工場全面改築
株式会社エービー本社工場ビル竣工 (本社、玉川、川崎を統合)
1992年 3DCAD/CAM(Pro/Engineer)システムの導入
1996年 設備増強の為、川崎市中原区宮内へ移転
寸法・品質保持の為、三次元測定器を導入
1999年 エービー東京地区集約の為、本社工場へ再び移転
2000年 3D加工強化の為、高速加工用CNCを導入
2004年 短納期に対応する為、さらにCNCを追加導入
2007年 3Dプリンター(EDEN)を導入
6月/第18回設計・製造ソリューション展に出展
2008年 3Dスキャナー(VIVID9i)を導入
FreeForm/RapidFormを導入(3Dデータ編集用)
2009年 2月/第30回工業技術見本市(テクニカルショウ横浜)に出展
11月/産業交流展2009に出展
2010年 2月/第31回工業技術見本市(テクニカルショウ横浜)に出展
9月/樹脂用簡易金型・試作金型部門を新設
2011年 4月/自社生産強化の為、射出成形機を導入
7月/金型高速加工用CNCV33を導入
2016年  7月/Roboドリル新規入替え
10月/CNCMC新規入替え
2017年 7月/省エネ&ECO対策の一環として社内照明をLED照明に入替え
2018年 2月/3DPrinting2018に合同出展
☆社内に伝わる型カナことば

↑ページトップ